FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はSurfaceViewに焦点を当てたいと思います。

このクラスの正確なところがまだ良くわかっていないのですが、
書いてくうちに何か閃くかなぁと甘い考えの下やっていきます。

間違い、誤字脱字、あいまいな表現その他もろもろ、ジャロには言わないでくださいね。


では、さっそく。

まず、普通のViewクラスとの違いを列挙したいとおもいます。

・描画が早い。


・・・あれ。大きくまとめると一つになっちゃいました。

SurfaceViewはUIスレッドから独立して描画を行うから早いとのこと。
なるほどねー・・・なんかモヤモヤします。

たとえば、クリックメソッドの中に描画の処理を書いた場合だと、
描画処理が早く終わっても、その後続で別の処理を書いてた場合
その処理が終わるまでクリック処理は抜けられない=描画処理の結果も反映されない。
って事になりますもんね。

そこから独立して描画処理、つまり並行に処理されればクリック処理が終わってなくても描画が終われば表示はされる。

いまいち自信ないです。


というわけで調査調査。


続く。
スポンサーサイト

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。