上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、社内でAndroidエミュレータのSDカードについて話題が出たので、そういえばスルーしてたネタだたったので自分もやってみました。

SDカードをWebで調べてみると、toolsフォルダにあるmksdcard.exeを使ってSDカードのイメージを作成し、エミュレータにマウントさせるらしい。

で、コマンドから作成してマウントしてみました。


android-sdk-windows-1.5_r3\tools>mksdcard 64M sdcard.img


うん、何事もなく同フォルダにsdcard.imgというファイルが作成されました。


ではマウントを・・

\android-sdk-windows-1.5_r3\tools>emulator -sdcard sdcard.img

emulator: ERROR: You did not provide the name of an Android Virtual Device
with the '-avd ' option. Read -help-avd for more information.

If you *really* want to *NOT* run an AVD, consider using '-data '
to specify a data partition image file (I hope you know what you're doing).



ん?
何かエラーが出ています。

英語力ないのでグーグルさんに聞いてみます。

<翻訳>

エミュレータ:エラー:あなたは、 Androidの仮想デバイスの名前を提供することはありませんでした
との' - avd 'オプションを選択します。詳細については、リードの仕方- avd 。

*本当に* * *一AVDを実行するには、 'の使用を検討し、データ<ファイル> '
データパーティションのイメージファイルを指定するために(私は自分が何をしている知っている)だ。

わかるようなわからないような。

仕方がないので bg_logo_s.png 読んでみると、意味が理解できました。
SDK1.5以降のエミュレータの起動は、-avdでエミュレータを指定してあげる必要があるらしいです。


ということでもう一度。

まずは、

1.コマンドかエクリプスでavdの作成を行います。

コマンドはこちら。
\android-sdk-windows-1.5_r3\tools>android create avd -n TestAVD -t 2

※-nはAVDの名前 -tはターゲット(1がAndroid 1.0、2がAndroid 1.5、 3がGoogle APIs 1.5)

エクリプスだとこちら。
WS000015.jpg

上記は結果が同じになります。


2.エミュレータを起動

\android-sdk-windows-1.5_r3\tools>emulator.exe -avd TestAVD -sdcard sdcard.img


これでOKのはずです。


おまけ。

WS000016.jpg

SDカードのとこに値を指定するだけで良かったらしい。。
スポンサーサイト

■アノテーションとは

同じみの人には同じみの言葉かもしれません。

けど、新発見だという方もいるはずです。

私はモノは知ってたけど、こういう呼び方をすると知りませんでした。


てことでメモメモ。


アノテーションとは、あるデータに対して関連する情報(メタデータ)を注釈として付与すること。

現物みたほうが早いですね。


これです。
WS000004.jpg

あ、マーカー忘れました。

@Override

この記述ですね。
意味的には、このメソッドはオーバーライドしますよって意味です。


これ以外にもアノテーションはいろいろあります。

@Deprecated
使用が推奨されないメソッドに付加
使わないけど、互換のために消せないメソッドなんかに記述するのかな?

これ以外にもいろんな種類があるので、気になった方は調べてみましょう。

通常、アンドロイドの開発を行う際に、出来たアプリの確認などはエミュレータを用いるとおもいます。

Eclipseから実行するとエミュレータは起動しますが、エミュレータの起動には結構長い時間を要します。

(自分の開発環境だと、Celeron1.8Gのメモリ2Gで大体2?3分くらいです)

このエミュレータ、毎回実行の時に落として再起動する必要はありません。

既にエミュレータを立ち上げている場合に他のアプリを起動したいときは、エミュレータを起動したまま他のプロジェクトを起動しましょう。

そうすることで、実行時の待ち時間(エミュレータの再起動時間)を省くことができます。


※私は知らずに、毎回毎回再起動してました・・何度もやってると馬鹿にならない時間。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。